30年の業界経験

北京思元軟件有限公司は30年近くのシステム集成関連の開発経験を持っている。設立以来、600以上の国際市場向けのシステム統合開発プロジェクトを受注し、優れた成績を上げ、顧客からの信頼を獲得した。従来からのソフトウエア開発やインターネット関連のソフトウエア開発をカバーする。近年は更に時代とともに進んで、国家重点発電所の燃料運営プロジェクトの中でハードウェアとソフトウェアを結合させ、省エネと排出減少の効果増加に貢献している。当社の映画館プロジェクトは、国内およびシンガポールの多くの大型映画館のために、すべての駅構内業務を提供しています。

シアターシステム

北京思元軟件有限公司は、それぞれのチェーン映画館が全国での建設発展や、近年のチケットのセルフサービス受け取りなど新たなチケット販売モードの出現に伴い、このビジネスチャンスを狙って、チケットが簡単に使える計算機チケット販売システムを開発した。このシステムは映画館のデジタル化管理を実現することができ、劇場の映画情報と上映計画および興行データなどの情報の動態と実施管理に便利である。インターネットでのチケット予約、オンラインでの座席選択、自動券売機でのチケット購入/チケット受け取り、定期的な優待チケットなどはまた観客に快適なサービスを提供した。関連する会員システムは、映画館がユーザーデータを管理しやすく、大きいデータの採集に便利である上に、映画を見る者に会員ポイント、割引などを提供する。

プラントプロジェクト

前記システムの実現目標は発電所の燃料の規範化、標準化、情報化、科学化の全過程管理を実現するために、管理漏れを塞ぐことで、人為的な妨害を減少する。;負荷軽減;燃料収、消耗、貯蔵環節の量、質、価データを適時、動態、精確に展示させる。;企業の生産、経営に確実な決定根拠を提供して、企業の燃料コストを下げて、企業の生産利益を増加する。

システムは石炭を工場に入れて、サンプリングして、サンプルを送って、サンプルを作って、化学検査して、燃料の貯蔵情況及び発電要求によって、石炭処理を行う燃料全フロー管理システムである。主にデジタル入工場監督管理システム、デジタル化実験室およびデジタル化石炭場の三大モジュールに分けられる。